溶液化学研究会 Japanese page only.
> 研究会のご案内 > 会則
会則

第1条 名称

 本会は溶液化学研究会と称し、英語名は The Japan Association of Solution Chemistry とする。

第2条 目的

 本会は溶液化学およびこれに関する分野に関心を持つ研究者相互および諸外国の研究者の交流を図り、溶液化学の進歩発展に寄与することを目的とする。

第3条 事業

本会は第2条に掲げる目的を遂行するために次の行事を行う。

  1. 溶液化学シンポジウム(Symposium on Solution Chemistry of Japan)を開催する。詳細については細則に定める。
  2. その他溶液化学の研究に関する研究会や研修等を主催もしくは協賛する。
  3. 溶液化学に関する資料、情報の収集・配布を行い、会員間もしくは他学協会との交流を図る。
  4. 電気化学協会と連携しその事業の推進に寄与する。
  5. その他溶液化学の進歩発展に寄与する諸活動を行う。

第4条 会員

 本会の会員は正会員と特別会員および名誉会員からなるものとする。

  1. 正会員は溶液化学に関心を持ち、本会の目的に賛同する個人とする。
  2. 特別会員は本会の目的に賛同し、本会の活動を援助する個人、または法人団体とする。
  3. 名誉会員は本会の発展や溶液化学の進歩に特別の功績のあった個人に対してその称号を付与するもので、運営委員会の議を経たのち総会において決定される。

 本会に入会を希望するものは、所定の申込書を事務局に提出し、別に定める年会費を納めなければならない。なお、会員で長期にわたり会費を納入しないものは運営委員会の議を経て退会させられることがある。

第5条 役員

 本会には次の役員を置く。

  1. 会長 (1名)
  2. 顧問 (若干名)
  3. 運営委員 (幹事3名およびその他若干名)

いずれの役員も任期を2年とし、再任を妨げない。

第6条 役員の任務

 会長は本会を代表する。運営委員は運営委員会を構成する。幹事3名のうち1名は運営委員長、1名は副運営委員長、1名は会計監査の任に当る。運営委員長は運営委員会で承認された事業案の実行における責任者となる。副運営委員長は運営委員長に事故あるときは委員長に代わり、その任務を遂行する。運営委員は連帯して第3条に規定された事業の円滑なる実施に努める。

第7条 総会

 総会は運営委員会の要請を受けて会長が召集をするが、会長に事故あるときは運営委員長が招集する。会員は総会において運営委員会の活動内容に関する報告を受ける。

第8条 運営委員会

 運営委員会は運営委員長が招集する。会長は運営委員会に出席することができる。運営委員長は運営委員会の議長となる。運営委員会は10名以上の会員により開催要求の申し出があり、かつ運営委員会構成員の1/3以上が開催要求したときには開催されなければならない。運営委員会は委員の過半数の出席によって成立する。但し、委任状をもって出席と認めることができる。運営委員会は事業の計画立案を行い、これを実行する。

第9条 役員の選出

 運営委員会は次期の役員を推薦し、総会において承認を得る。総会において承認が得られなかった場合には、運営委員会において再度審議するが運営委員会の決定をもって最終決定とする。次期役員の推薦に当たっては地域、研究分野、会員の意見等を十分に考慮する。

第10条 会計

 本会経費は会費、その他をもって支弁する。本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。会計監査の報告は運営委員会においてなされ、承認を得なければならない。

第11条 改正

 本会則の改正は運営委員会が発議し、総会において承認を得る。

付則

 この会則は1993年12月3日より発行する。

細則

  1. 溶液化学シンポジウム
     溶液化学シンポジウムは毎年一回開催の為の実行委員会を設ける。実行委員長は運営委員会において決定する。実行委員長は運営委員会との連絡を密にするよう努める。
  2. 特別会員
     特別会員は正会員と同等の恩典に浴することができる。
  3. 会費滞納に対する措置
     会費を3年以上滞納した者には、会費納入状況を指摘し、会費納入の督促を行う。この督促にもかかわらず、1年以内に会費を納入しない者は退会したものとみなす。
  4. 顧問
     本会の発展に著しく貢献した人のうち、運営委員の推薦を受け、運営委員会において就任を要請されたものを顧問とする。
  5. 会費
     会費は次のように定める。
      正会員 年額  2,000円
      特別会員  年額 10,000円以上
     上記の会費は社会情勢等の変化に伴い、運営委員会の決議を経て金額を変更することが出来る。
  6. 名誉会員
     名誉会員は、研究会会費やシンポジウムへの登録費と懇親会費は免除される。シンポジウムにおける名誉会員の登録費や懇親会費は研究会が負担する。
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院理学研究科化学専攻
光物理化学研究室内 溶液化学研究会事務局
Tel: 075-753-4026, FAX: 075-753-4000, e-mail: jimukyoku<at-mark>solnchem.jp
(c) The Japan Association of Solution Chemistry