溶液化学研究会 Japanese page only.
> 顕彰事業 > 2020年度学術賞、奨励賞
2020年度溶液化学研究会学術賞、奨励賞の募集
本ページと同内容のPDFはこちら

募集要綱

溶液化学研究会では、溶液化学分野で顕著な業績を挙げ、関係する会議(溶液化学シンポジウム、EMLG/JMLG、国際溶液化学会議(ICSC)など)でその業績を発表している会員を表彰いたします。自薦も受け付けておりますので、ふるってご応募ください。

学術賞(1名以内)
国内外から高い評価を受ける顕著な研究成果を収め、且つ将来さらに大きな研究の進展が期待される者に授与する。但し、過去に奨励賞を受賞している場合には、それ以降に顕著な発展があること。

奨励賞(1名以内)
当該年度の9月1日現在、満40歳未満の本会の正会員であって、溶液化学に関する新進気鋭の研究者に授与する。

なお、受賞者には第43回溶液化学シンポジウムで講演をしていただく予定です。

必要書類:

  1. 推薦書(他薦の場合)
    ※自薦の場合には、応募する分類(「学術賞」か「奨励賞」)を以下の4. の書類に明記してください。
  2. 候補者の略歴
  3. 業績リスト
  4. 対象となる研究の概要(A4サイズ2枚以内。業績リスト中の論文との対応を明示してください。)
  5. 溶液化学シンポジウム、EMLG/JMLG、ICSCなどでの発表歴(抜粋可)
  6. 代表的論文等のコピー5編以内

応募締め切り:

2020年6月5日(金)

書類提出先:

運営委員長 佐藤啓文 宛
jimukyoku@solnchem.jp
〒615-8510 京都市西京区京都大学桂
京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 分子理論化学講座内
溶液化学研究会事務局

〒615-8510 京都市西京区京都大学桂 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻
分子理論化学講座内 溶液化学研究会事務局
e-mail: jimukyoku<at-mark>solnchem.jp
(c) The Japan Association of Solution Chemistry